文字の大きさ

048-571-1511(代表)

Japanese Red Cross Society

助産師外来

助産師外来

助産師外来

~妊娠から分娩・産後を通して助産師と共に自分らしい出産・育児のために~

当院の産科システムについて

画像

当院では、平成3年10月より「助産師外来」を開設しています。正常経過の妊産褥婦の健診と保健指導は助産師が行っています。私たちスタッフ一同、責任と誇りを持って仕事をしています。なお、リスクのある方は、助産師の健診後、医師の診察も受けていただき、医師と助産師が一緒になって管理させていただきます。
「助産師外来」で顔見知りになった助産師は、病棟でも勤務していますので、妊婦健診はもちろん、入院・分娩・さらに産後のケアも行います。医師には話しにくいようなことでも助産師に相談してみましょう。

当院の方針について

1.産婦さんと家族の主体的なお産を応援しています

画像

 私たちは、女性の持つ妊娠・出産に対する大きな力を、最大限に発揮できるよう願っています。いろいろなアドバイスをしながら、側に寄り添い、サポートしていきます。
 お産の主役は、ママやパパと赤ちゃん本人です。安産だけがよいわけではありません。満足のいくお産を自分の手で創れますように・・・。
 順調にお産が進行するように、今から気をつけられることはたくさんあります。例えば、体を冷やさないように、体重を増やし過ぎないよう、ストレスを溜めないようにするなど。妊婦健診では、助産師から個人に合わせてアドバイスさせていただきます。妊娠中から主体的に努力していきましょう。

2.出産時に家族の立会いを勧めています

画像

 不安や恐怖に襲われた時、気の許しあえる最愛の人たちが側にいてくれたらどんなに心強いことでしょう。また、新しい家族の誕生の瞬間を家族で迎えることは、命の誕生という感動と絆に包まれ、愛情深く大切に育てたいと思う事でしょう。
 立会いされる方の制限はありません。出産までに相談しておきましょう。
 風邪などで体調の悪い方はご遠慮下さい。

3.母児同室を勧め、母乳育児をサポートします

画像

 赤ちゃんが産まれてからずっと一緒にいられます。おなかの中でつながっていたお母さんと赤ちゃんにとって、一緒にいることが一番自然な形であるからです。
 また母乳は、赤ちゃんにとって最も自然で理想的な栄養です。お互いの体温を感じあい見つめ合う授乳によって、赤ちゃんとの信頼関係も形成されていくことでしょう。
 母乳で赤ちゃんを育てていけるよう入院中からサポートさせていただきますが、授乳は慣れないうちは想像以上に大変かもしれません。でも慣れればお母さんと赤ちゃんにとって本当に理想的な栄養法であるので、根気強くやってみましょう。
 また入院中のみでなく、退院後も母乳相談を行い、卒乳まで責任を持ってケアさせていただきます。

助産師外来担当表

曜日
担当者 高橋
小林
内田
岩﨑
村岡
坂本
石川
新井
久瀬川
斉藤

 
※勤務により変更になる場合があります

分娩費用

画像

 55~60万円(入院期間は経膣分娩は産後5~6日間、帝王切開は産後8~9日間です)

産婦人科のご案内