日本赤十字社 深谷赤十字病院

〒366-0052 埼玉県深谷市上柴町西5丁目8番地1 TEL: 048-571-1511(代)

文字サイズ
標準

看護部

 私たちは、赤十字精神の「人道・博愛」を、看護の現場で日々実践しています。地域の基幹病院としての使命を受け、患者さん一人ひとりの命の重みを受け止めつつ病気回復を支援しています。
 日々進化する医療現場で、e-ラーニングを活用し看護の質を高めています。また研究や研修に取り組み、根拠に基づいた業務改善を行い、業務の効率化と働きやすい職場づくりに努めています。人財は病院の宝です。看護職一人ひとりが自分の歩幅で成長し続け、目指す将来像を実現できるよう支援を行っています。
 看護と他職種が協働したチーム活動は専門性が高く、患者・家族のために効果を上げています。柔軟な人間関係を築き信頼関係を高めるために、アフター5の部活動が効果を上げています。私たちは、病院を訪れる全ての方に信頼される看護を提供することを目指しています。

副院長 兼 看護部長 田島 恵子

看護部基本理念

赤十字の人道、博愛の精神に基づき、安全・安楽・安心に気配りした信頼される看護サービスを提供する。

看護部基本方針

1.苦痛を軽減する安楽な看護
2.納得のいく安心できる看護
3.根拠に基づいた安全な看護

平成30年度看護部目標

  • Ⅰ.質の高い看護の提供
     1)入退院支援の充実
     2)多職種との連携強化
     3)地域に繋げる看護の専門性
  • Ⅱ. 働きやすい職場環境の整備
     1)心の健康づくり体制の活用
     2)キャリア支援
     3)職場満足度の向上
  • Ⅲ. データを活用した部署運営
     1)DiNQL事業の理解と導入
     2)基礎情報の入力と活用

看護部教育方針

赤十字の人道博愛の精神に基づき、あらゆる健康レベルや、患者さんのニーズに対応できる看護実践力のある看護職者の育成

  • 《新採用者研修》
    臨床実践指導者・プリセプターが中心となって、看護実践の基礎形成に支援します。
  • 《キャリア開発ラダー》
    赤十字キャリア開発ラダーに基づいた看護実践能力の段階別評価プログラムです。
    そのレベルに合った研修を受講し、看護展開や学びを同僚や上司とフィードバック

看護職員の主な出身校

研修協力施設

日本看護協会特定行為研修協力施設

Copyright(c) Fukaya Red Cross Hospital.