日本赤十字社 深谷赤十字病院

〒366-0052 埼玉県深谷市上柴町西5丁目8番地1 TEL: 048-571-1511(代)

文字サイズ
標準

平成27年度 深谷赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 869 229 273 507 646 777 2,130 2,257 1,425 219
当院は、高齢化が進む埼玉県北部地域において、小児科や周産期医療、救急医療等を実施しているため、入院患者の年齢区分も全体に分布しています。
平均年齢は58.6歳(平成27年度 入院症例9,332例)
70歳以上の患者割合は41.8%であり、厚生労働省患者調査による全国の病院合計数による70歳以上患者割合61.4%と比べると、高齢者割合は低くなっています。
疾患別上位となる循環器系疾患(狭心症や慢性虚血性心疾患)、脳梗塞などは高齢者割合が高く、その平均年齢は70歳以上となっています。
急性期中心の入院診療となるため、早期転院を促していること、がんの手術や内視鏡検査の患者割合が高いことなども、全国平均に比べ高齢者割合が低くなっている理由と考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 39 92.9 43.6 2.6 62.1
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 33.2 21.7 13.9 79.0
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 36 36.7 17.7 0 72.7
診断群分類で分けると上記のとおりと細分化されてしまいますが、もう少し大きなまとまり(MDC6分類)とすると、下記のように大別されます。
肺炎等127件(9.5%)、腎不全等123件(9.2%)、肺の悪性腫瘍109件(8.1%)の順となります。
全国平均と比べ高齢者の割合も多く、併存する疾病も多いことから、在院日数は若干長くなっています。
血液疾患の割合も多く、白血病、悪性リンパ腫の患者の在院日数は長めです。これは、治療後の患者の状態に応じ入院加療を継続した上で加療を行っている割合が多いからです。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211-----tan3 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2?未満 199 2.0 - 0 66.3
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術 処置等2なし 65 11.3 9.2 0 72.0
K7212-----tan3 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2?以上 33 2.3 - 0 59.1
消化器科では、消化管内視鏡検査及び治療に力を注いでいます。
検査の敷居を下げて、胃癌死ゼロ、大腸癌死ゼロをめざし、検査精度を向上するべく努力しています。
炎症性腸疾患に関しては、特殊外来枠を作って診察しています。肝疾患、胆・膵疾患についてできる限り診察しています。
学会発表、論文投稿も積極的に行っています。
※MDC06分類での患者内訳 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)264件(全件の32%)、次いで胃の悪性腫瘍 82件(10%)、食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 67件(8.4%)となっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 443 3.1 3.1 0.5 68.8
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 215 5.4 4.9 0 68.3
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 19.5 18.3 0.9 79.0
かかりつけの先生から紹介を受け外来を受診した方や、救急車にて受診された方などが主な入院患者さんとなっています。
心臓や血管に原因となる病気を有している方が入院対象です。症状は胸の痛み、動悸、息切れなど胸部症状を自覚される方や、体の浮腫みや足の痛みなど胸部症状以外の自覚症状を有している方まで様々です。
正確な診断と早期の治療をこころがけています。入院期間は、検査か治療かまた疾患によって異なりますが、早めの退院を目指しています。心臓の検査治療以外に、その原因となる疾患(糖尿病、肺炎、貧血、腎機能障害など)などの治療も併せて行い、患者さんの全身状態の改善を図ることを心がけています。
※上記表のうち、第1位「狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり〜」は、冠動脈の造影検査の入院、第2位「狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等〜」は、冠動脈形成やステント留置を施行した入院となります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 7.7 6.2 0 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 81 14.2 11.6 0 0
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 54 6.7 6.3 0 3.9
新生児は在胎32週以降を対象に対応しています。
早産・低出生体重児、呼吸障害、周産期感染症、低血糖、高ビリルビン血症等の入院があり、必要があれば人工呼吸管理も行っています。
一般小児は開業医からの紹介入院が多くあり、気管支炎・肺炎、川崎病、感染性胃腸炎、熱性痙攣、脳炎・脳症、てんかんなどの急性疾患が主体となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 180 4.0 - 0 62.0
K7211-----tan3 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満 103 2.0 - 0 63.2
K6335-o15-tan3 鼠径ヘルニア手術(15歳以上) 92 4.1 - 0 65.6
当科は地域の中核病院としての役割を担っており、診断群分類別コードでみると、第1位から第3位までは結腸の悪性腫瘍、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除、鼡径ヘルニア手術となっており、続いて第4位に直腸肛門の悪性腫瘍となってます。
この事からもわかる通り、癌診療とともに日常外科診療において多く必要とされる一般診療の両者を共に扱い、地域医療に貢献すべく努力しています。
※MDC06分類では、結腸から直腸肛門の悪性腫瘍 597件(全体の29%)、胃の悪性腫瘍 185件(9%)、乳房の悪性腫瘍 126件(6%)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 30.2 28.7 50.0 76.2
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 50 3.7 5.7 0 48.7
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 24 2.8 5.4 0 13.0
高齢者の転倒などによる大腿骨頸部骨折が多く、診断群分類でも第1位となっています。
次いで多いのは前腕の骨折、足関節や足部の骨折となっています。
救急からの入院では交通事故などによる多発外傷の受入があり、骨折部位が複数に及ぶものも、他の診療科と連携しながら受入してます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 50 1.9 3.5 0 52.7
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 1.5 9.2 0 68.8
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 10 4.1 4.4 0 39.6
形成外科では、主に皮膚や顔の骨格のトラブルを治療し、見た目や機能の改善を図ります。
けがややけど、皮膚のできもの、顔の老化を多く扱っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 11.1 10.0 3.3 67.0
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 29.3 19.3 35.7 65.8
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 26 22.2 - 34.6 69.3
脳神経外科では、救急部と協力して頭部外傷患者の治療を積極的に行っています。
また脳血管障害の中でも、脳梗塞の急性期治療は発症4時間30分以内に開始できればtPAの投与を、救急部の協力のもと、救急外来でスタートしそのまま集中治療室に入室して全身管理を含めきめ細かく神経症状の変化をチェックしていきます。
平成28年10月1日からは脳血管内治療専門医の資格を持つ医師が常勤となり、tPAで溶解できなかった血栓を特殊なデバイスを用いて回収する血管内治療も始まります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 28 9.2 13.0 0 69.3
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 11.8 9.7 0 51.8
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 6あり 7 18.7 19.7 14.3 73.3
第一位28名は肺癌の手術です。肺癌は当科が受け持つもっとも多い疾患です。高齢者に多く、手術患者さんの平均年齢は70歳、80歳以上の方も10%を超えます。
第二位12名は自然気胸の手術です。20歳前後の若年者に多いのですが、当院では70歳以上の肺気腫に合併した高齢者の手術割合が高く、そのため平均年齢が50歳と上がっています。
第三位7名は肺癌の抗がん剤治療です。手術の効果を強化するための抗がん剤の適切な使用も、当科の大切な仕事です。外来治療が主ですが入院で行う場合もあります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x ■慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 68 10.2 9.7 1.5 67.4
110280xx03x0xx ■慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 59 5.2 7.5 3.4 68.2
K6171-----tan3 ■短手3(下肢静脈瘤手術(抜去切除術)) 23 3 - 0 64
診断群別患者数での上位1、2位が慢性腎不全関連です。
血液透析導入のためのシャント造設、シャント狭窄、閉塞などのシャント・トラブルのため、深谷市、またその周辺地域の医療施設からご紹介いただいた患者さんです。
円滑に血液透析の導入、維持ができるよう対応しています。
また、3位は下肢静脈瘤で、エコーでの診断や手術を行っています。
その他、心臓大血管領域疾患も外科的治療が望まれる症例は適宜、循環器科の医師と連携し、治療方針を決定しています。
手術に際しては安全に行えるよう術前の全身評価や手術手技に関して綿密にカンファランスをおこない、手術に臨んでいます。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 71 3.0 2.9 0 4.3
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 19 3.0 3.3 0 2.3
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 11 7.2 9.5 0 11.0
小児外科で最も多い疾患は鼡径ヘルニア(いわゆる脱腸)となっています。当科では3年前から腹腔鏡下の鼡径ヘルニア根治術を開始しています。女児では直径2mmのミニポートを使用する当科独自の方法を考案し手術を行っていますが、鼡径部の創は3mm程度で極めて整容性に優れています。
近年増加傾向にある停留精巣は経過観察を行い、1歳までに陰嚢内に下降しない症例に精巣固定術を行っています。
虫垂切除術は腹腔鏡を用い、臍下半周の切開創のみで虫垂を切除しており、やはり整容性に優れた術式となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 71 11.3 9.6 0 33.1
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 66 21.3 20.9 10.6 31.6
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 54 9.0 6.6 0 31.9
近隣の開業の先生からハイリスク妊婦の紹介が増えているため、異常分娩の数が増えています。
切迫早産も病状に応じ入院管理をしていますが、妊娠32週以前の早産児は当院では管理していないので、さらなる高次施設へ転院搬送となる場合があります。
また、妊娠高血圧症候群やそれに伴う胎児の発育不全であったり、双胎妊娠、前置・低置胎盤、胎盤機能不全による羊水過少症など、分娩までしばらくの間、管理入院を要するケースも多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ-o--tan3 ■短手3(水晶体再建術・眼内レンズ挿入・その他・片側) 347 1.2 - 0 73.8
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 1.1 3.5 0 78.3
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 9 1.1 3.4 0 71.9
第1位「水晶体再建術」は、白内障の日帰りもしくは1泊手術を示します。
第2位「眼瞼下垂」は、老人性の眼瞼が下垂した状態を治す、日帰り手術を示します。
第3位については、老人性の眼瞼の内反、いわゆる「逆さ睫毛」を治す日帰り手術を示します。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 9 6.1 5.5 0 40.1
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 6 7.3 7.3 0 44.7
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 2 8.0 7.8 0 37.0
耳鼻咽喉科では、基本的に外来通院の患者の治療を行い、入院については手術治療は行っていません。
入院症例にあるものは、基本的には点滴治療のみの入院が必要な患者への対応です。「扁桃周囲膿瘍」について、切開排膿が必要な患者は外来で切開術を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 28 28.0 19.9 7.1 60.1
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 8 6.4 7.0 0 61.1
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 7 23.4 14.8 14.3 55.1
神経内科では、ギランバレー症候群およびその亜型であるフィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの免疫介在性・炎症性ニューロパチーが疑われる、緊急に治療開始判断を要する患者さんの紹介が多くなっております。
また、数は少なくなりますが、多発性硬化症、てんかんなど、当科的判断を要する患者さんも積極的に受けれいています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 7 6.3 10.5 0 74.3
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 5 11.2 12.0 0 75.8
080110xxxxx2xx ■水疱症 手術・処置等22あり 4 5.0 24.5 0 63.3
癌の手術入院、蜂窩織炎の抗生剤点滴、皮膚薬疹、水泡症などの入院治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
D413------tan3 ■短手3(前立腺針生検法) 105 2.1 - 0 72.1
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病なし 38 7.1 5.5 2.6 72.3
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 25 12.3 10.3 0 75.2
前立腺特異抗原値(PSA)高値で、前立腺癌の疑いのある患者さんを対象に仙骨ブロック下に前立腺生検を行っています。
水腎症とは腎臓と膀胱の間で尿の通過障害のために尿の流れにくくなった状態を指し、腎不全、腎機能障害の原因となることがあります。癌のために尿管が狭くなり、水腎症になった患者さんの精査、治療することもあります。
50歳以上の中高齢男性に前立腺肥大症のために排尿障害、尿閉と腎不全になる場合があり、内服治療または内視鏡手術で治療しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 3.5 3.6 5.6 57.8
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 4.9 10.0 0 59.7
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし 7 17.0 9.3 14.3 58.1
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 100 14 32 31 24 57 1 6,7
大腸癌 40 39 85 85 24 314 1 6,7
乳癌 40 41 15 1 0 25 1 6,7
肺癌 14 3 21 15 5 24 1 6,7
肝癌 0 1 0 14 5 21 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
このデータの数字を見ると、再発が異常に多いように見えてしまいます。特に大腸癌は、初発数より再発数が上回っています。
これは、実際進行した癌の割合も多い事もありますが、データ処理上初回治療後6ヶ月過ぎて治療を行なった場合、実際には再発していなくても再発として処理する決まりになっているためこのような不自然な事が起きます。
さらに当院では化学療法(抗癌剤治療)を行なう場合、数日程度の短期入院をしていただく事が多く、例えばそれを同じ患者さんで5回繰り返した場合には再発数5とデータ入力する決まりであるため、再発数が多くなってしまいます。
実際の当院のがん生存率は全国統計とほぼ同じレベルであり、大腸癌では5年生存率Stage I: 92%, II: 88%, III: 60-70%, IV: 20%程度です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 61 24.7 77.9
重症度 2 24 25.7 80.8
重症度 3 28 33.1 82.0
重症度 4 9 22.5 85.2
重症度 5 1 7.0 92.0
不明 44 12.3 47.9
まず、図表の説明からいたします。
肺炎の重症度は、年齢、脱水、呼吸、意識障害、収縮期血圧の各々の程度を考慮して総合的に算定しています。
当院は三次救急病院を兼ねているため、市中肺炎の中でも重症度の高い肺炎が多い傾向が認められ、患者年齢は80歳代が多く高齢化が進んでおります。
入院経路においては、他の医療機関からの転院、または自宅より来院する方、療養施設からの患者さんと多種です。
高齢者が多いために、入院中併発症を起こしたり、もともとの持病が悪化したりすることもあり、そのために在院日数が延長することが認められます。
肺炎治療後の退院に際して、家族との相談をしつつ、療養型病院、療養施設、自宅かに分かれますが、その行き先により少し在院日数が変動することがあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 12 7.7 74.7 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 177 29.8 73 32.8
その他 12 14.5 76.3 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 8 10 62.6 12.5
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 1 5 71 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 1 12 65 0
当院では、日本脳卒中協会のホームページにて、一般市民の方でも検索でき公開されるようになっておりますが、発症早期に受診され条件を満たす脳梗塞の患者さまに、tPA治療を行っております。
さらに、平成28年10月からは脳血管内治療専門医が常勤となり、tPAを投与しても溶けなかった血栓を特殊なデバイスを用いて回収するカテーテル治療を行うことができるようになります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610 内シャント設置術 34 7.8 21.2 11.8 66.7
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2?未満 30 0 1.3 0 64.3
K635-3 連続携行式腹膜潅流カテーテル腹腔内留置術 12 6.1 18.7 0 61.1
当院では腎臓疾患患者の透析導入のため、シャントの造設、腹膜透析の導入のために行う腹膜潅流カテーテル留置を多く実施しています。 消化器疾患の患者の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は、消化器科、外科と連携しながら当科でも実施しています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満 229 0 1.4 0 66.8
K654 内視鏡的消化管止血術 116 1.3 11.7 1.7 69.0
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 65 1.3 9.2 0 72.0
消化器科では、消化管内視鏡検査及び治療に力を注いでいます。 検査の敷居を下げて、胃癌死ゼロ、大腸癌死ゼロをめざし、検査精度を向上するべく努力しています。 炎症性腸疾患に関しては、特殊外来枠を作って診察しています。肝疾患、胆・膵疾患についてできる限り診察しています。 学会発表、論文投稿も積極的に行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 248 3 6.3 0.8 68.8
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 232 3.3 6.6 0.4 69.3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 47 2.1 6.6 0 72.2
心臓の血管(冠動脈)の狭窄や閉塞によって、胸部症状を有していたり、心臓の機能が低下している場合に経皮的冠動脈ステント留置術(形成術)を行います。
これは開胸手術ではなく、カテーテルという細い管を使用した手術のため患者さまの負担が少ない治療です。
最近では技術の進歩で、橈骨(手首の血管)からのカテーテルの挿入が主流となり、さらに患者さまの負担が低下しています。
足の血管の狭窄や閉塞による、足の痛みに対しても同様にステントを使用した四肢の血管拡張術を行っております。
その他にもペースメーカー植え込み術も数多く手がけ、心拍数減少由来の疾患の治療を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 10 0 29.6 0 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 3 0 13.7 0 0
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 3 0.3 0.7 0 0.7
ハイリスクの妊婦を産科で受け入れている為、帝王切開による緊急分娩が多くなっています。分娩立会いで緊急蘇生を行い、そのまま入院という状況となる場合が多くなります。
小児外科の常勤医がいるので整復不能の腸重積手術、ヘルニア嵌頓、急性虫垂炎など、まれには新生児の外科疾患などにも対応しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満 122 0.1 1.1 0 63.4
K6335 鼡径ヘルニア手術 105 1.4 2.4 0 66.2
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 97 1 11.5 0 79.3
手術別患者数をみると、Kcode別の件数からは「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除」、「鼡径ヘルニア手術」、「内視鏡的胆道ステント 留置術」が抽出されていますが、第4位以降には、「結腸悪性手術」や「胆嚢摘出手術」、「胃全摘手術」、「胃切除」、「乳腺悪性腫瘍手術」などの癌診療とともに、「内視鏡的乳頭切開術」や「膵管ステント留置術」が続いています。
この点から見ても、当院は地域中核病院として、癌診療と共に外科的良性疾患治療や内視鏡治療など、地域でニーズの高い一般診療を併せて積極的におこなっていることを示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 67 1.7 21 13.4 56.9
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、下腿 65 1.2 22.5 38.5 66.4
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 39 1 4 0 44.9
上肢、下肢の骨、関節外傷に対する観血整復手術が56%と、多くを占めています。
股関節や膝関節の人工関節手術も行っており、関節手術が全体の14%となっています。 その他、軟部組織に対する手術、腫瘍手術、脊椎等の変性疾患への手術など、幅広く実施しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 47 0 0.9 0 53.3
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 9 0 0.6 0 72.0
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6センチメートル以上12センチメートル未満) 9 0.9 2.7 0 54.8
主に皮膚に対して外科的治療を行います。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.7 12.9 13.0 75.5
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 5 6.4 27.4 0 59.0
K386 気管切開術 5 3.2 74.4 80.0 60.2
脳動脈瘤に対してはこれまで主に開頭クリッピング術で治療してきましたが、脳血管内治療専門医が常勤化することにより、症例に応じて血管内手術(コイル塞栓術)での治療が可能となり、治療の選択肢が増えます。
現在、医師交代の過渡期で症例数が減少していますが、今後専門医の常勤化により症例が増加することが予測さます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 15 2.3 9.7 0 69.6
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 12 5.0 5.0 0 45.8
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) 7 1.6 5.6 0 69.3
第一位は肺癌の標準手術である肺葉切除術等の15名、第三位は小型で悪性度の低い肺癌に対しての肺部分切除(縮小手術)の7名です。当科は月曜が手術日で、多くは前の週の金曜に入院、術後1週間の経過で退院されます。
第二位は自然気胸に対する根治術の12名です。気胸はほとんどが緊急入院で、その治療経過のなかで手術が選択される例が多いため、入院から手術までは様々です。また当科では、気胸の手術の際は胸腔鏡の活用を考えますが、肺癌の際にはそれに拘泥してはおりません。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 57 0.4 5.9 1.8 67.0
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 51 0.4 3.2 3.9 68.8
K923 術中術後自己血回収術 39 12.4 40.6 0 70.0
主要手術別患者数での上位1、2位が透析シャント関連です。
新規内シャントの造設や、再造設の他、シャント狭窄、閉塞などのシャント・トラブルに経皮的血管拡張術、血栓除去術などで対応させていただいております。
術中術後の自己血回収術は心臓大血管手術に付随するもので、人工心肺を用いた、弁膜症、冠動脈疾患、大血管疾患の手術も行っております。
冠動脈疾患には人工心肺を用いない、心拍動下の冠動脈バイパス術も行っております。
その他、下肢閉塞性動脈硬化症のバイパス手術など、地域の幅広い需要に応えられるよう努力しています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 71 1.0 1.0 0 4.3
K836 停留精巣固定術 23 1.0 1.0 0 2.1
K6333 臍ヘルニア手術 10 1.0 1.0 0 1.4
当科では3年前から腹腔鏡下の鼡径ヘルニア根治術を開始しています。女児では直径2mmのミニポートを使用する当科独自の方法を考案し手術を行っていますが、鼡径部の創は3mm程度で極めて整容性に優れています。
近年増加傾向にある停留精巣は経過観察を行い、1歳までに陰嚢内に下降しない症例に精巣固定術を行っています。
虫垂切除術は腹腔鏡を用い、臍下半周の切開創のみで虫垂を切除しており、やはり整容性に優れた術式となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 103 9.7 9.5 0 33.8
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 67 2.5 9.6 0 49.0
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 62 4.8 10.2 0 32.7
分娩を扱う地域での中核の総合病院という特徴からハイリスク妊婦が集まり、帝王切開も増加しています。
既往帝切、骨盤位、多胎妊娠は原則帝王切開という方針にしているため、一層「予定して行う帝王切開」が多くなっています。
婦人科領域の手術では、開腹による良性疾患が主です。
卵巣嚢腫切除、卵巣卵管(付属器)切除、内性器全摘に含まれる手技も、「子宮付属器腫瘍摘出術」(開腹)として数えられているので、患者数が最多の項目になっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 348 0 0.2 0 73.8
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 10 0 0.1 0 78.3
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 8 0 0.1 0 78.0
第1位「水晶体再建術」は、白内障の日帰りもしくは1泊手術を示します。
第2位「眼瞼下垂」は、老人性の眼瞼が下垂した状態を治す、日帰り手術を示します。
第3位については、老人性の眼瞼の内反、いわゆる「逆さ睫毛」を治す日帰り手術を示します。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 6 0 6.3 0 44.7
「扁桃周囲膿瘍」の患者さんで、切開排膿が必要な場合については、基本的に外来での扁桃周囲膿瘍切開術を行っています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 4 16.5 131.5 50 65.0
K726 人工肛門造設術 1 10 111 0 66.0
K7404 直腸切除・切断術(切断術) 1 10 111 0 66.0
筋萎縮性側索硬化症などの進行性の病気で、呼吸障害をきたした患者さんでは、気管切開を施行する場合があります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 6 1 4.8 0 76.2
K0131 分層植皮術(25㎠未満) 2 1 10 0 79.0
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 2 1 1 0 33.5
外来手術では困難な症例(腫瘍サイズが大きい、植皮が必要など)では、入院手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 48 2.3 5.3 2 70.5
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 29 5.7 9.8 3.5 75.3
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 25 1.7 4.8 0 71.6
尿路結石の尿管嵌頓、癌が原因である尿管狭窄で水腎症となり急性腎不全、腎盂腎炎となった場合に尿道を通して腎臓と膀胱の間に尿を通す尿管ステントを留置する場合があります。
前立腺肥大症で排尿障害、尿閉となった患者さんに内視鏡で前立腺を切除しています。
表在性膀胱癌の方を対象に尿道を通して、内視鏡で膀胱癌を切除しています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K481 肋骨骨折観血的手術 4 1.8 53.5 50 79.3
K386 気管切開術 3 5.7 70.7 66.7 54.5
K6072 血管結紮術(その他) 2 0 47 100 54.5
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.05
異なる 41 0.44
180010 敗血症 同一 57 0.61
異なる 45 0.48
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 2 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.19
異なる 5 0.05
まず、図表の説明からいたします。
入院契機の病名と、最も資源を投入した病名を比較して「同一」、または「異なる」状態であるかによって分類をしています。
当院は埼玉県北部医療圏の三次救急病院でもあり、何らかの感染症から敗血症にいたり、また、播種性血管内凝固症候群(DIC)を併発する患者さんも搬送されて来て、他医療機関から紹介入院する頻度が多いです。
症状の程度は原病にもよりますが、重症の場合が多い傾向です。いずれも病態も、集中治療が必要であり、原疾患はいろいろですが、内科をはじめ対応する各科で治療を行っております。
手術・処置等の合併症に関して、その原因を究明することはもちろんであり、その後の対処も最善、適切に行っております。
※発生率は、当院平成27年度退院患者数9,332人に対する割合(パーセント)で示しています。
更新履歴
2016/9/27
病院指標を公開しました。
Copyright(c) Fukaya Red Cross Hospital.